経済・政治・国際

2017年5月 1日 (月)

ブッポウソウで蓮沼

独身男女の出会いの場となるイベントは頻繁に催されていますが、外見に自信がない場合や異性との交流に苦手意識がある人はストレスがたまるものでしょう。
頑張って参加を決めても、現場の雰囲気にのまれてしまって上手くいかず、諦めてしまう方も多いです。慣れないイベントで嫌な気持ちになるよりも、慣れるためにも出会い系サイトで異性とのやり取りを学びながら自分らしく交際相手を探した方が、結果的には良いでしょう。昔と違って、今はオタクの方ほど人気があるのです。



女性もディープなオタク趣味を持っていることが増えているため、共通する話題で盛り上がって交際したというオタクカップルも、今では珍しくありません。
オタクという事を隠して付き合っても結局無理が重なって破局するというケースも多いですから、出会い系サイトのプロフィールには趣味のことを書いて自らオタクであることを公表する方が、付き合う時にオタク趣味を続けることが出来ます。


男性会員数が多い出会い系サイトでは、女性にファーストメールを送っても殆ど返事が来ないです。



また、プロフィールを調べた女性の方から積極的にメールしてくれる確率も低いのです。しかし、例外もあります。

例えば、男性のプロフィールが医師や弁護士、社長などの肩書を持っている方であれば、メールが尽きないでしょう。



それならばということで、職業に医者と書いておけばメールはたくさん来るようになりますが、直接会った時や親密になる過程で綻びが出てトラブルに発展するケースもあります。世間では、出会い系サイトの印象はあまり良くなくて、危険なイメージがあるみたいなのですが、これまで私はトラブルに巻き込まれたり詐欺被害に遭ったことは無いです。直接会ってみて、相手の様子を確かめてみるまではプライバシーにかかわる情報(本名や住所など)は伏せておき、実際に会う場合も、人目のある場所を選べば、安心して出会い系サイトを利用できますよね。

でも、車に乗ってどこかに行く話が出た時は断った方が良いですし、夜に会うようなことは絶対に止めてください。

出会い系サイトはきちんとした安全意識を持って利用することで、良い出会いの場になると思います。出会い系サイトの中でも、ポイントを換金できるようなシステムの出会い系サイトを利用する場合、キャッシュバッカーに気を付けましょう。女性の利用者の中には異性と出会いたいと思っているのではなく、サイト上のやり取りによって得られるポイントを稼ぐために登録している人が居ます。



それがキャッシュバッカーです。



キャッシュバッカーはサイト側が雇うサクラとも違いますし、不自然な返信をする機械が相手でもないので一般の利用者との区別がつきにくいのです。
いつまでも連絡先を教えてくれず、ずるずるとメールを続けさせようとする場合は打ち切りましょう。


twitterは便利なツールですが、異性との出会いを期待して使おうとすると、いきなりブロックされることもあれば、通報ということもあり得ます。

それでもtwitterが縁で恋人同士になった場合があるとはいえ、実際にはそんなに多くないでしょう。ちゃんと恋愛したいと考えているなら、SNSの奇跡なんてアテにしないで、出会い系サイトを利用するのが確実です。

最近ではネット上で結婚相手と出会うことも多いみたいで、私の友人が相手と知り合ったきっかけを聞いて驚きました。



それは出会い系サイトだったと言っています。いわゆる遊び目的の出会い系のイメージとは違って、二人とも結婚も視野に入れた真剣な交際を希望していたので、付き合っている間も居心地がよかったそうで、スムーズに結婚まですすんだことを教えてくれました。
私から見ても旦那さんは優しくて素敵な人で、最近の出会い系サイトは良い出会いが期待できることが分かりました。


できれば自分の連絡先は教えたくないものの、タイプの相手の情報はきちんと知りたいというのが出会い系サイトを利用する多くの人の思う事ではないでしょうか。特に女性は相手を簡単に信用しませんから、親しくもないうちに連絡先を伝えてくることは滅多にありません。
女性が積極的に連絡先を聞き出そうとするのは、相手が実は、個人情報を収集している業者の場合があります。「警戒しすぎ」と感じるかもしれませんが、これくらい意識しておいた方が良いと思います。スポーツクラブなら趣味の合う異性と自然に会えると思っていたのに、残業ばかりで通う時間がないとか、異性に声をかけてもスタッフが割り込んでくるケースが多いです。



体を鍛えることが好きで通っている間に、ふとした拍子に恋に落ちたりするならいいですが、スポーツから恋愛に発展することを期待するのは、あまり得策とは言えません。恋人探しなら出会い系サイトでするほうが、出会う率も親密になる速度も早いのではないでしょうか。


出会い系といえば、出会いやすさや気軽さから出会い系アプリが一般的になってきました。中でも利用者が増えている出会い系アプリとしてコミュニケーションアプリのLINEのIDを交換できるものがあるのです。会える地域や年齢など、希望の条件で対象を限定しますから、出会い系サイトほど手間が無く出会いに繋がりやすいと言えます。

一度でも出会い系サイトを使ったことのある方なら分かると思いますが、出会い系サイトでは親密になるまで時間がかかり、安易にLINE交換という話にはならないのですが、これらの出会い系アプリを活用したら、面倒なハードルを一つ越えた状態から相手とやり取りできます。



アプリゲームに異性との出会いを求める人もいますが、ゲームを楽しむことだけを目的にしている参加者にとって傍迷惑なこともありえます。加えて、相手にステディな関係の異性がいたり、特に恋人を欲しがっていなかったり、住んでいる場所が遠いなど、たとえ相性が悪くなくても交際まで進めることは稀でしょう。


恋人探しをしたいなら、はじめから出会い系のサイトを使ってしまうのが合理的ではないでしょうか。

恋人がいないことはもちろんですが、友達も少ないと寂しいですよね。


いますぐに遊ぼうと思っても遊べる友達がいないという場合は、出会い系サイトを介して様々な出会いを楽しんでみるのが良いかもしれません。


意外に思われるかもしれませんが、出会い系サイトは恋人はもちろん、友達が出来た人もいます。

けれども、メールだけの関係では何となく連絡が途絶えがちになりますし、交際相手が見つかっても友人は特に出来ないままという人もいるでしょう。
ただ友達だけが欲しいという人の場合は、違う方法を見付けた方が良い結果になると思います。
登録者数の多い大手の出会い系サイトであれば、サイトそれ自体は安心できます。

とはいえ、利用者が多いため、出会い目的以外で登録している利用者、例えば詐欺師や悪徳業者などが一般の利用者のふりをしているのです。恋人を探したい場合は、これらの人たちに騙されないように注意しながら、時間をかけて慎重に探すのをおススメします。


相手がいくらタイプの異性でも簡単に相手のことを信頼するのはNGです。いま流行りの出会いカフェというのに行ってきました。来店した男性なり女性なりが気になる相手に話しかけるというシステムです。
女性なら報酬つきか無料のところが多く、男性側の料金は少し高めになっています。行ったときに女性がどれだけいるかわからず、サクラもいるという噂です。同席した女性がそうでないかは男性にはわからないため、一人でウェブにアクセスできる環境なら恋人探しは出会い系サイトに頼るほうが無駄がなくて良いと思いました。



彼氏のいない女性だけで、ナンパしてもらえないかなと期待して旅行に行ったんです。でも、学生気分の抜けない若い男の子だったり、社員旅行中の社長さんからナンパされたり、まったく成果を得られませんでした。


これではまずいので、以前やっていた出会いサイトで彼氏を見つけるつもりです。以前はたくさんメールが来たのですが、あのときは学生だったから。

さすがに30近いので自分でも努力しないといけないかもしれません。


最近では出会い系サイトにも、色々な特徴を持ったサイトが増えてきています。具体的には、多くの人が登録している大手のサイトや、少数だけれども趣味や関心が同じ人がいるサイト、また、これらのサイトにも有料無料があるなど、選ぶのに迷ってしまうほどの数があります。


基本的に出会い系サイトのほとんどは、その名の通り出会いたい人と人が繋がれるサイトとして機能しているのですが、中には、悪質なものもありますから、気を付けてください。

間違って登録してしまうと、違法な利用料を請求されることもありますし、全てがサクラでどうやっても会えずに時間やお金を無駄にしてしまう事があります。実際、出会い系サイトにはサクラや機械などで利用者を騙そうとするサイトがありますから、出会い系サイトを利用する際には、相手の正体を見極めることが大変重要であることが分かると思います。多くの人は大丈夫だと思いますが、全く噛み合っていない一定の返事が返ってくるだけの機械の不自然さを疑わず、やり取りを続けてしまうようでは、出会い系サイトに向いていないので、利用しない方が良いでしょう。

また、相手が本物の利用者だとしても、キャッシュバッカーという可能性がある事を忘れないでください。

一番初めに会った時のことがその後も長く後を引くといったことは、よく知られた話です。
もし、出会い系サイトで知り合った異性と、いよいよ対面する運びになった時には、なるべく好印象になるようにがんばってください。特に男性はちゃんとした格好で行くだけで、好印象を得られることもあるのです。相手に気を使わない普段着では、付き合いたいと思われることは稀です。出会ったきっかけが異業種交流会だったということもなくはないですが、コミュニケーションスキルがいまいちだと、実際に交際に至るのは至難のわざです。一部では男女で楽しく話し込んでいる人たちがいても、人数集め的な参加を自覚して、あきらめぎみの人も多いです。


そもそも勉強目的で参加するものですし、異性と親しくなるのを狙っているなら、出会い系サイトに登録したり、知人の紹介や合コンなどに頼るほうが現実的です。社会人になってしまうと、恋人がほしくて出会いたいと思っていても、難しいと思う方が多いでしょう。
毎日のルーティンで会社と職場を行き来しているだけでは異性と出会う機会なんて無いに等しいです。むしろ、自由な時間が持てる往復の時間を利用し、出会い系サイトを介した交流を持ってみるのをおススメします。
ネットでの出会いなんて、と思う方もいるかもしれませんが、異性とメールするだけで日々の生活を刺激してくれて、楽しみが増えるでしょう。

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ